女性の薄毛が目立たないヘアは? ヘアメイク直伝のスタイリング方法

公開日:2020.4.10

更新日:2020.5.17

女性の薄毛が目立たないヘアは? ヘアメイク直伝のスタイリング方法

肌はもちろんですが、年々リアルに変化を感じるのが髪。トップがぺたんこになる、ボリュームがないといった、女性の薄毛のお悩みは、加齢と共に現れます。そんなお悩みを、女性誌で活躍するヘアメイクさんが解決! 薄毛をカバーするプロの簡単スタイリングテクを教えてもらいました。

この記事の監修:千葉智子さん

 (23189)

ヘア&メイクアップアーティスト。女性誌などでタレント・モデルのヘアメイクを担当。世代別のお悩みを解消する簡単メイクやヘアアレンジが得意。著書に『「キレイになったね!」と言わせるメイクの手抜き』(講談社)。
千葉智子さんからのコメント
いつものブローのやり方や分け目を少し変えるだけで、薄毛を目立たなくすることができます。高いシャンプーやセット剤にたよらなくても、ボリュームアップさせる乾かし方や、薄い部分をカモフラするテクを覚えたほうが、簡単でしかも経済的! また、頭皮の血行が悪い人は、髪に栄養が届かず、薄毛になりやすくなります。体の血流を良くして冷えない体をキープすることも大切。体の中から薄毛対策をしていきましょう。

薄毛のスタイリングのポイントは?

薄毛対策のスタイリングは、いかにボリュームをアップさせるかがカギ。ブローは、ただ乾かすのではなく、髪を立ち上げたり下からドライヤーを当てたりしてふんわり感を出します。薄毛の人は、頭頂部の分け目が目立つので、直線的に分けるのではなく、分け目をあいまいにして地肌を隠すのもポイント。次から、ブローと分け目の作り方をくわしくご紹介します。

トップが立ち上がる「ブローのやり方」

ヘアサロンでブローしてもらうと、ボリュームがあってつやつやですよね。それはブローのテクニックが違うからです。薄毛が気になるなら、ブローのやり方はとても重要。ボリュームをアップさせて髪を乾かすテクをご紹介します。お風呂上りにこのように乾かしてもOKですが、寝ると全体的にペタッとなるので、できれば出かける前にもう一度濡らしてブローをしましょう。

※ドライヤーは、髪の毛から15~20㎝程度離して乾かします。
【ブローのやり方】
1. 後頭部の下部分(首の上部分)を乾かす。
 (23302)

タオルドライ後、後頭部の下側の髪を真ん中で分け、手で引っ張りながら根元に風を当てて乾かします。右側・左側それぞれ同様に。一番毛量が多い部分なので、しっかり乾かしておきます。
2. 後頭部の上部分(1の上)を乾かす。
 (23303)

次は(1)の上部分。髪を真ん中で分け、手で引っ張りながら根元に風を当てて乾かします。右側・左側それぞれ同様に。
3. 頭頂部の髪を前に倒して乾かす
 (23304)

頭頂部(つむじ部分)の髪を持ち上げ、写真のように前に倒します。倒した後ろ側から、根元に風が当たるように乾かします。
4. 耳の上部分を乾かす。
 (23305)

耳の上部分の髪を持ち上げ、根元に風を当てて乾かします。右側・左側それぞれ同様に。
5.【ボリュームアップテク】サイドを真横に持ち上げ乾かす
 (23306)

サイドの髪を反対側に真横に持ち上げ、下から風が当たるように根元を乾かします。こうして乾かすことで、顔周りがふんわりして全体的にボリュームアップします。
【ここがポイント】
髪を持ち上げるとき、こめかみくらいからまっすぐ髪をとり、根元が垂直に立ち上がるようにするのがポイント。
◎OK
 (23307)

直線に髪をとり…
 (23308)

根元から立ち上がるように。
まっすぐではなくななめに髪をとってしまうと、持ち上げたときに根元の立ち上がりが不十分で、ボリュームが出ません。
×NG
 (23309)

ななめに髪をとると…
 (23310)

根元がしっかり立ち上がりません。
6.【ボリュームアップテク】後ろから前にトップを乾かす
 (23311)

最後に、一番気になるトップを乾かします。頭頂部から髪を手前に引っ張りながら、後ろから風を当てて根元を乾かします。センターに分け目がある人は、手で分け目をなくすように引っぱるのがコツ。乾かし残しがないように注意しましょう。
【before】
いつものブローだとこんなにぺたんこの髪が…
 (23312)

【after】
ボリュームアップのブローテクでこんなにふんわり♪
 (23313)

一日中、このボリュームを長持ちさせたいときは、ハードに固まりすぎない、ヘアスプレーを使いましょう。毛が柔らかくボリュームが出にくい人は、ムースやジェル、ワックスは不向き。重さで髪がすぐぺったりしてしまうので、柔らかさをキープできるスプレータイプがおすすめです。

【動画】ふんわりボリュームアップするブローのやり方

ブローのやり方を動画でもチェック!

分け目を目立たなくする「ギザギザ分け」

薄毛が目立つ原因のひとつに、分け目があります。分け目は、センターで分けていたり、まっすぐ直線で分けていたりすると、余計に地肌の白い部分が目立ち、さみしい印象に…。ご紹介する「ギザギザ分け」で地肌を隠す、「ななめ分け」で立体的に見せるといったテクニックで、薄毛をごまかしちゃいましょう。これなら、人に見られるのも怖くありません!
【ギザギザ分けのやり方】
分け目をギザギザに分ける
 (23314)

ブローのあと、コームか指で、分け目をギザギザにとって左右に髪を分けます。センターで分けるよりも、6:3もしくは7:3程度に分けるのがおすすめ。
ギザギザ分けの完成。分け目があいまいになり、地肌の薄い部分が目立ちません。
 (23315)

「ギザギザ分け」の他にも、「ななめ分け」もボリュームアップに効果的です。分け目を真っ直ぐではなくななめに入れることで、遠近感が出ます。目の錯覚による効果もあり、ヘアスタイルが一瞬で立体的に!
【ななめ分けのやり方】
分け目をななめに分ける
 (23316)

ブローのあと、コームか指で、分け目をななめに入れ、左右に髪を分けます。左右どちらかの生え際から頭頂部のつむじに向かって、線がななめになるように分けるのがポイント。
ななめ分けの完成。
 (23317)

前から見ると、手前側にボリュームが出てふんわりした印象に。
 (23318)

トップがふんわり「カーラー」テク

ブローと分け方だけでも十分ですが、さらに「おでかけ前に、もっとふんわりさせたい」という人は、カーラーを巻いてみましょう。不器用さんでも簡単にできるテクを、ご紹介します。
【ボリュームを出すカーラーの巻き方】
トップと顔周りをカーラーで巻く

ブローのあと、トップと顔周り(耳の上)を5カ所程度カーラーで巻きます。
 (23319)

ポイントは、髪の流れと逆方向に、根元からしっかり持ち上げてから巻くこと。
 (23320)

カーラーは、100円ショップで売っているようなマジックカーラーか、あればホットカーラーを。写真のような大きめのタイプのほうが、簡単にボリュームが出ます。ホットカーラーなら30秒~1分、マジックカーラーなら15分程度巻いてからはずし、最後に柔らかさをキープできるセット用スプレーを。
カーラーを巻く前のぺたんこヘアが…
 (23321)

こんなにふんわり、女性らしく♪
 (23322)

美容院で髪型を相談するときは?

薄毛が気になり始めたら、髪型を変えてみるのも手。毎朝、薄い部分を気にしながらセットする手間もはぶけて楽ちんです。
例えば…
・前髪を作る
・トップにボリュームが出るような髪型にする
・根元にパーマをかける

このようなヘアスタイルを美容師さんと相談してみてください。特に前髪は、ないと分け目ができるため、地肌が目立ってしまいます。前髪があるだけでふんわり感が出て、若見えにつながります。

また、パーマは髪が傷むかも…と心配せず、美容師さんに相談を。髪の毛のダメージを最小限におさえてパーマをかけることもできます。

薄毛は、気にしすぎることもストレスになり、ますます髪の毛に影響する可能性も。ご紹介した薄毛カバーテクで、少しでも目立たなくなると気分も上がります。鏡を見るのが楽しくなるようなヘアスタイルで、おでかけしましょう!

撮影/代 和佳子