肌の乾燥、頭皮の脂や臭い予防には、「常在細菌」がカギ

公開日:2019.7.4

更新日:2019.7.5

肌の乾燥、頭皮の脂や臭い予防には、「常在細菌」がカギ

LA在住の健康系ライター&ヘルスコーチの小山陽子です。アメリカでは今、「洗いすぎに注意」と警鐘を鳴らす専門家が増えています。肌の乾燥や頭皮の脂、臭いなどは、洗いすぎで肌の常在細菌バランスが崩れて起こるもの。なんとアメリカでは、肌の常在細菌をプラスするコスメも登場。常在細菌をいたわる洗い方も紹介します。

肌の常在細菌のバランスが崩れてトラブルに

汗ばむ季節、臭いを気にして、何度もシャワーを浴びたり、洗浄力の強いもので肌や髪を洗っていませんか? それが、肌の乾燥や頭皮のギトギト脂、臭いの元になっているんです。表面積の大きい皮膚は、体の最大の臓器と言われるほど、重要な部位。腸に腸内細菌がいるように、皮膚にも常在細菌がいます。これらが、私たちの体を外敵から守ってくれているのです。


以前、皮膚科医の先生に取材した時、「皮膚の常在細菌は殺菌された後、24時間かけて元の細菌の数に戻る」と聞きました。そのため、なんども洗ったり、日常的に除菌シートや、洗浄力の強い洗剤で洗っていると、皮膚の常在細菌によるバランスが崩れ、肌の乾燥や頭皮の脂、臭いのもとに。アメリカの健康美容業界では、洗いすぎは敏感肌やアレルギー、肌の悩みを増やしていると警鐘を鳴らす専門家が多数。抗菌作用のあるソープを使いすぎることを問題視する声が上がっています。
 (10215)

アメリカでは肌の常在細菌をプラスするコスメが誕生

肌トラブルを解消するには、もともとある常在細菌のバランスを崩さないことがカギになります。アメリカでは、造語の「biome-friendly(バイオフレンドリー)」をキャッチコピーに、肌の常在細菌を補うコスメも登場。「Mother Dirt(マザーダート)」というブランドで、販売されている化粧水スプレーには、「AOB」という自然界にいる生きた細菌が配合されています。そのほか、ボディソープやシャンプーは、肌の常在細菌を殺さない処方に。

ちなみに、うちの主人も頭皮の脂、臭いに長年悩んでいたタイプ。枕カバーはすぐに脂っぽくなるため2日に1回交換するほどでした。それが、このシャンプーを使用したところ、1週間で劇的な効果が。いわゆる男臭のしていた頭皮の臭いが格段に減り、赤く炎症をおこすほど脂っぽかった頭皮は白く健康に。そして、枕カバーは1週間洗わなくても、表面はサラサラをキープできるようになりました! 
 (10208)

右から、「Mother Dirt」の「SHAMPOO(200ml $23/2484円、100ml $15/1620円)」、生きた細菌の入った化粧水スプレー「AO+MIST LIVE PROBIOTIC SPRAY(100ml $49/5292円)」、一番左が「FORMING CLEANSER(200ml $23/2482円)」。送料を支払えば日本へも発送しているそう(https://motherdirt.com/ )。興味のある方は、10ドル割引のクーポンがあるので、サイトで購入前に「yoko.k.hirota@gmail.com」まで、お問い合わせください。

常在細菌をいたわりながらきれいに洗う方法とは?

「biome-friendly(バイオフレンドリー)」のコスメはなかなか手に入れるのが難しい方は、これから紹介する3つの方法を試してみて。これだけでも、洗いすぎによる肌の乾燥や頭皮の脂、臭いを抑えることができます。

1 ぬるま湯で洗う
熱いお湯は、肌の脱脂力が高く、常在細菌のエサとなる皮脂を取りすぎてしまいます。特に、肌や頭皮の乾燥が気になる人は、高温のお湯で洗うのは避けて。

2 こすらない
肌や頭皮にとって、摩擦は最大の敵。こすることで肌の表面に小さな傷がつき、外敵の細菌が繁殖しやすくなります。体や顔はしっかり泡立てた石っけんで表面をなでるように洗いましょう。また、頭皮を洗う時は爪を立てず、指の腹を使って頭皮全体をもむようにして洗うと、毛根の脂まですっきり落とせます。


3 シャンプーを使いすぎない
頭皮の脂や臭いを気にして、シャンプーを大量に使うと、大切な皮脂を落としすぎてしまいます。また、かなり時間をかけてすすぎをしないと、シャンプー剤が頭皮に残り、さらなる臭いのもとに。頭皮の脂が気になる人は、シャンプーをつける前にぬるま湯で一度しっかり洗ってから、適量のシャンプーで洗う、または1回分の量のシャンプーを使って2回洗うことをおすすめします。2回目はごく少量のシャンプーでたっぷり泡立つので、1回分の量で十分。
 (10214)

皮脂の取りすぎに! 注意して選びたい男性用シャンプー

特に男性の場合、頭皮の臭いや脂、加齢臭などを気にして、洗浄力の強いシャンプーを選ぶ人が多い傾向にあります。実際、男性用とうたっている市販のシャンプーは脱脂力が高く、なかには抗菌作用のあるものまで。皮脂を取りすぎると、肌は皮脂不足となり、より皮脂を分泌。皮脂過剰で頭皮はベトベトになってしまいます。また、抗菌作用のあるものは、皮膚の常在細菌まで除去することに。頭皮の不要な皮脂は、お湯でほとんど取れるので、頭皮が脂っぽいという人ほど、洗浄力の高いシャンプーは避けた方がベター。

このように、常在菌は肌と頭皮の環境を守ってくれる大切な存在。洗うという基本的な習慣を見直して、うるおいのある肌と健やかな頭皮を手に入れましょう。
 (10213)