美髪女医も実践する「藻活(もかつ)」で髪が若返る?

公開日:2018.11.14

更新日:2018.11.20

美髪女医も実践する「藻活(もかつ)」で髪が若返る?

大人女性の髪の悩みNo.1は白髪。解決法を求めていろいろ試してみても、なかなか結果が出ない……。そんな人におすすめなのが、美しい黒髪の持ち主の女医が実践する「藻活」です。そもそも海藻は髪にいいといわれますが、藻に注目した、髪が若返る方法を紹介します。

海藻のパワーで髪のアンチエイジング

白髪が増える原因のひとつは、髪の栄養不足。髪は食べ物で摂取した栄養から作られるた
め、黒く豊かな髪を育むには、まずはバランスのよい食事を心がけることが鉄則です。さらに、白髪対策や予防に取り入れたいのが、「藻(も)」。
自らも長年スピルリナを摂り続けているという、美容皮膚科医の鈴木稚子さんは「藻類にも種類がありますが、なかでも栄養価の高いスピルリナがおすすめです」と言います。
 (1961)

スピルリナ、クロレラ、ユーグレナの3大藻類を比較

健康にいいと近年、注目されている藻類。スピルリナ、クロレラ、ユーグレナを比較してみました。

スピルリナ

 (1965)

スピルリナは、約35億年前に誕生した藍藻類の一種。たんぱく質を多く含み、消化吸収率は95%を誇ります。

クロレラ

 (1968)

健康食品としてよく知られるクロレラは、約20億年前に誕生した緑藻類の一種で、総合的な栄養バランスは◎ですが、消化吸収率は65%です。

ユーグレナ

 (1971)

ミドリムシのユーグレナは、約5億年前に誕生した単細胞生物。DHA、EPAなどの栄養が豊富で、消化吸収率も93.1%とスピルリナについで高いです。

いずれも栄養豊富ですが、髪の毛にとっては、各種ビタミンなど50種類以上もの栄養素を含み、特に髪の成分でもあるたんぱく質が豊富なスピルナがおすすめ。消化吸収率も高いので、栄養をあますことなく体内に取り入れられるのが魅力です。

栄養の宝庫スピルリナで内側からタフな黒髪に

藻類のスーパーフードとも呼ばれるスピルリナは、サプリメントなどで摂取すると継続しやすいです。手軽に飲める錠剤タイプ、料理にも使いやすいパウダータイプなど、生活スタイルや好みにあったものを選びましょう。
 (1975)

正しいヘアケアで頭皮環境を整えることも大切

スピルリナで体の中から白髪予防をしながら、正しいヘアケアも大切です。髪表面のケアよりも髪の土壌である頭皮のケアが重要。毎日のシャンプーやトリートメントも“なんとなく”のやり方ですませず、正しいケアを習慣にしましょう。

シャンプーはすすぎが肝心、トリートメントは髪に揉み込んで

頭皮環境を悪化させる原因は、皮脂汚れはもちろんですが、シャンプーの洗い残しもあります。すすぎは時間をかけて丁寧にしましょう。
 (1980)

また、トリートメント剤を頭皮に直接つけると毛穴詰まりを起こすことも。髪の毛先を中心に揉み込んでから洗い流しましょう。
 (1982)

スーパーフードを取り入れた「藻活」と洗い方のちょっとしたコツを習慣化するだけで頭皮環境はぐっとよくなり、白髪が減ってツヤツヤな黒髪になりますよ!

この記事の監修

鈴木稚子さん

美容皮膚科医。六本木スキンクリニック院長。美容とアンチエイジング医療のエキスパートとして多面的に活躍。著書に『「ちょっと変えるだけ」でだれでもキレイになれるシンプルな習慣』(現代書林¥1,404)他。「女医+(じょいぷらす)」所属。

イラスト/ハシモトジュンコ
(からだにいいこと2018年2月号より)