首シワ伸ばして ー10歳!「甲状腺さすり」

公開日:2019.10.21

更新日:2019.11.1

首シワ伸ばして ー10歳!「甲状腺さすり」

ばっちりメイクをしても、否応なく年齢が出てしまうのが、首。首のシワは仕方ないと諦める人が多いのですが、実は少しの努力で改善できるのです。 ルイ14世時代のフランスで多くの貴族を虜にした不老の美女、ランクル夫人もやっていたという美ワザが「甲状腺さすり」。新陳代謝がアップして若返り、印象が大きく変わりますよ!

この記事の監修

吉田真弓さん

アロマセラピスト。「アロマエステビーナスサロン」のオーナー。「何歳からでも若返えれる」がコンセプト。ひとりひとりの悩み、年代にあった丁寧な施術が人気。

甲状腺を刺激すれば、首も肌も髪も若返る!

首シワの原因は、前かがみの姿勢、紫外線ダメージ、乾燥、コラーゲンの減少による皮膚の老化など。日常の生活で姿勢や紫外線対策、代謝促進を少し意識するだけでも、首シワは改善します。

そんな日常ケアのひとつとして、自身美首の持ち主であるアロマテラピストの吉田さんがすすめているのが、「甲状腺さすり」。手で首をさするだけの簡単なケアですが、続ければ新陳代謝が促され、首のシワだけでなく、肌や髪の若返りも期待できます。まずは回数にとらわれず、数回でも毎日やることが大切です。
 (15788)

ケアしないと首シワはどんどんひどくなる

あきらめた瞬間から、首のシワは着実に増えます。気づいた時には深く刻まれ、見た目年齢を上げているかも。
 (15785)

20代でも首に太いシワが入ることがあります。枕の高さが合っていない、長時間下を向いてPCやスマホを見るなどが原因。
 (15786)

代謝が低下する50代頃から皮膚のハリや弾力が不足し、乾燥などの影響を受けやすい状態に。ちりめんジワが現れ、見た目年齢がグッと上がります。
 (15787)

何も対策しないままだと代謝はさらに低下し、コラーゲンやエラスチンが減って皮膚が薄くなります。すると首回りの筋肉のたるみを支えられなくなり、スジっぽい縦ジワが現れます。

首シワ追放!「甲状腺さすり」のやり方

 (15789)

手のひらにオイル、またはクリームをつけてなじませる。両手で首をそっと挟み、前後に20回優しくさする。この時、呼吸を止めないように気をつけて。首回りの血流をよくして、コリをほぐしましょう。
 (15790)

右手の親指以外の4本の指を左耳の下にあて、そのまま鎖骨まで20回優しくさする。リンパの滞りを流すようなイメージで。同様に、左手で右耳の下から鎖骨までを20回さする。
 (15791)

手のひら全体が甲状腺に触れるように首に手をあてる。あごの下からのど仏に向かって、左右の手で交互に20回優しくさする。

+1テクで、さらにキレイなデコルテに

吉田さんが1万人以上に施術を行なってたどり着いた、「甲状腺さすり」の効果をさらに高めるテクをご紹介。
 (15792)

準備するもの
● コットン(適量)
● 精製水(ドラッグストアで100円前後で購入可能)
● ラップ
首は汚れが残りやすい部位。汚れは古い角質を厚くして保水力を低下させ、首シワの原因となる“乾燥”を引き起こします。乾燥が気になる時におすすめなのが、月1回のコットンパック。コットンに精製水を浸し、首にのせてラップをしたら3分置くだけです。
 (15793)

「甲状腺さすり」はアロマオイルを使うと効果的。おすすめは下の3つで、安い物でOK。高級化粧品を使っていた40代の頃に肌年齢が60代でショックを受けた吉田さん。その後、オイルの力も借りて肌年齢が29歳に。
【マカダミアナッツオイル】
加齢で減少する「パルミトレイン酸」がたっぷり。若返りのオイルともいわれています。

【アプリコットカーネルオイル】
マッサージに使うと首にできた小さなイボまで、ポロッと取れるのだとか!

【ホホバオイル】
吉田さんが50代で29歳の肌を取り戻した若返りオイル。日焼け止めとしての効果も。
 (15794)

汚れや石けん成分を残さないためにも、体を洗った後は3分間しっかり意識してシャワーで首元を洗い流すのが吉田さん流。シャワーのお湯を甲状腺周りにあてれば、刺激もできて一石二鳥!
 (15795)

1日何度も、気がついた時に甲状腺付近を優しくつまんで刺激します。テレビを見ながら、仕事をしながら、寝る前などいつでもできて簡単!
撮影/古谷利幸(F-LEXon)  モデル/高橋彩
イラスト/碇優子
(からだにいいこと2019年11月号より)