サンダル姿を颯爽と! かかとのガサガサ 速攻ケア

公開日:2019.4.23

更新日:2019.4.26

サンダル姿を颯爽と! かかとのガサガサ 速攻ケア

そろそろ薄着の季節ですが、足元は大丈夫? おしゃれなサンダルから“ガサガサかかと”がのぞくと、お手入れ不足がバレバレ。かかとはひじやひざと違って、メラニン細胞が少ないため黒ずみはありませんが、冷えや刺激で角質が厚くなり、乾燥してガサガサに…! 肌代謝をアップさせ、早めのケアで、たまった角質を夏本番前に取り除いておきましょう。

体重が足裏を圧迫!血行不良でガサガサに

体重を受けとめているかかとは、もともと角質層が厚いために表面が乾燥しやすく、すぐガサガサに。また、冷え性の人ほど血流が悪く、ターンオーバーが遅れて硬い角質がどんどん厚くなります。

ケアには自然素材の重曹がおすすめ。重曹は弱アルカリ性なので、角質のたんぱく質に作用。肌の凹凸に入り込み、角質を柔らかくして浮かせます。

角質落としは、肌にマイルドに作用する重曹で

重曹は、海や湖、天然温泉のお湯などにも含まれ、自然界にあるもの。人間の体内にも存在するものなので、マイルドな作用でたまった角質をオフできます。特に料理に使える“食用グレード”が、粒子が細かくて肌に安心です。

重曹&日本酒入浴でつるすべかかとに

重曹と日本酒を入れたお風呂であたたまるだけのお手軽ケア。入浴している間じゅう、重曹が硬くなった角質を柔らかくして取り除いてくれます。日本酒は安いものでOK。バツグンの保湿&保温効果で、肌の潤いや血流もアップします。
 (6632)

【1】お風呂に重曹と日本酒を入れる
お湯をはった湯舟に、重曹大さじ1と日本酒100~200mlを入れて、全体を混ぜます。
 (6634)

【2】いつも通りに入浴する
普段と同じように入浴します。かかとは特にこすらなくても、重曹が溶けたお湯に入っているだけでOKです。

プラスケア 足グーパー運動でガサガサ予防に

 (6637)

湯舟の中で足指で、じゃんけんのグーとパーを交互に繰り返す「グーパー運動」をすると、足の血流が良くなり、ガサガサ予防になります。お風呂以外でも、気がついた時にこの運動を習慣にして。

重曹ソルトマッサージでトリプル効果!

重曹でゴワついたかかとの角質をゆるめながら、塩で柔らかくこすってマイルドなスクラブを。さらにオリーブオイルで潤いを。硬い皮膚が次第に柔らかくなります。
 (6638)

【1】重曹、塩、オリーブオイルを混ぜる
重曹小さじ1、塩小さじ2、オリーブオイル小さじ1/2を容器に入れて混ぜ合わせると、ざらざらしたスクラブに。肌に安心な天然塩がおすすめです。

 (6639)

【2】かかとに塗ってマッサージ
半量ずつ左右のかかとに塗り広げて、指先で軽く転がします。特に角質がたまってカチコチの部分は丁寧に。終わったらボディソープで洗いましょぅ。

運動と靴選びで、かかとガサガサを予防する!

足上げ下げ運動でかかとの血流アップ

 (6640)

ガサガサかかとにならないためには、足の血行促進が大切。イスに座ったまま、片脚ずつひざ下を上げたり下げたりして、血めぐりをアップ。

中敷きが柔らかい靴を履く

 (6641)

硬くて薄い中敷きの靴は、血行を悪くします。これがガサガサかかとの原因に。靴を選ぶときは、柔らかくてクッション性のある中敷きのものを。

たまった角質がとれて、ガサガサの大きなタテ線も目立たなくなりますよ。
一皮むけたようなやわらかかかとで、サンダルを颯爽と履きこなしてくださいね!

この記事の監修

阿部圭子さん

皮膚科医。青山研美会クリニック院長。美肌作りにインナーケアを重視し、生活指導込みの治療を行う。著書に『40歳からの「正しい」美肌の教科書』(永岡書店 ¥609)

岩尾明子さん

重曹やお酢など自然派素材の専門知識を持つ、未来型ナチュラル生活研究家。Webサイト「地球に優しいお掃除」を運営するクリーン・プラネット・プロジェクト代表。著書多数。
撮影/福島章公  モデル/ 松井由貴美
イラスト/ 藤田美穂
(からだにいいこと2015年6月号より)